norimoyoshiakiの日記

大学時代のことを日記にしています。ご意見をお待ちしています。

神無月

 悪友たちとのはなし。

A「おい、10月はなんで、かんなづき(神無月)っていうの?」

B「古典でやっただろう」

A「そうだっけ?」

 

B「日本中の神さまが、この月にみんな出雲大社にあつまるから、出雲以外は神さまが留守でいなくなるんで、神さまがいない月なのさ」

C「なんで、出雲大社に集まるのさ?」

 

B「なんでも、出雲大社の主は、大国主の尊だろ。この神さまは天照大神さまから、出穂のくにをわが子に譲ってくれと言われて、それを承諾した偉い神さまでさ、その行為を『国譲り』っていうんだってさ」

A「うん、うん。で?」

 

B「その国譲りというのは、結局、あらたな縁をきずくことになるだろぅ?そのことから、出雲大社は縁結びの神様だということになって、各地の神さまが集まって、来年のじぶんたちの地域のひとびとを、これとこれというふうにして、結びつける相談をするんだってさ」

 

C「なんで、10月?」

B「収穫の終わった、農閑期じゃないか。実りの秋はひとびとの心も豊かで、来年のことを考えるのにも適してるからだろぅ。たぶんな」

 

A「じゃあ、出雲だけは、神在月(かみありづき)じゃないか」

B「そうさ、むかしから、出雲ではそう言うんだってさ」

へぇぇぇ~ (全員)

 

        出雲路神在月となりしかな(村山古郷)