norimoyoshiakiの日記

大学時代のことを日記にしています。ご意見をお待ちしています。

節分

わが大学は、2月はじめは入学試験があるため、学年末試験が中休みとなる。

しかし、サークル活動は休止していないため、1・3週の土曜日に悪友たちと法律相談会の開催で出会うのである。

その会の帰りでの、ばか話し。

 

A「おい、きのうは節分だろ?」

B「ああ」

 

A「豆まきはした?」

B「しないよぉ、こどもの頃はやったがなぁ、あとのそうじが面倒くさい」

 

C「そういやぁ、きのうテレビで横綱の輪島がどこかの神社で豆まきしてたぜ。なんで豆まき?」

A「だって、節分は立春の1日前で、季節をわける意味があるのさ。その節分に邪気を払う儀式をするんだよ。冬の寒い時期の邪気を鬼に例えて、五穀の象徴の大豆をぶつけるように撒くわけだろ」

 

B「うん、その豆を撒くのは、邪気を払えるような強いひとがいいから、相撲の横綱なんかがいいんだろうなぁ」

C「で、なんで歳の数ぷらす1つの豆を食べるの?」

 

A「そんなもの、決まってるだろぅ。縁起物で邪気を払うんだから、お腹のなかにも入れるんだよ」

C「だからぁ、プラス1は?」

 

B「もおぉぉ・・・古くからの習慣なんだから、数え年でいくんだよ」

C「とするとだよ、生まれたての赤ちゃんでも1つぶ食べるのか?」

A・B「食べるわけないだろ・・・・ばか・・・・」

 

  赤ちゃんのような『七歳前は神のうち』だそうです

                 (高梨公之「法律雑学のたのしみ」314頁)。

    神に厄除けは必要ないでしょう・・・

 

      節分やよむたびちがふ豆の数(子規)

如月

2月に入った。悪友たちと。

 

A「二月は『きさらぎ』だったよな」

B「そうそう」

 

A「なんで、如月って書くの?」

B「中国の旧暦2月の別名がジョゲツだからだよ」

 

A「え、ジョゲツって読むのか?」

B「ああ、中国よみ、っていうか音読みをするからそうだろ」

 

A「じゃあ、なんで『きさらぎ』になったんだよ」

C「日本人だぜ。そんな、『じょお げえ』なんて音が好みなわけないだろうが」

 

B「それはいえるかもな。冬は寒いから衣を重ね着するから衣更着(きさらぎ)だとか、陽気が更に来る月だから気更来とか、草木が生え始めるから生更木というのが語源だとさ」

A「二月だから、陽気が来るとかあったかくなるってことはないだろぅ?」

 

B「前にも言ったように、旧暦だから、ひとつきおくれだよ。今なら3月の中旬だろ。それがはっきりするのは、西行の有名なうたがあるじゃないか。

 

『願はくは花の下にて春しなむ その如月の望月のころ』(山家集

 

                        ってね。この花って、桜だろ」

 

C「そりゃそうだよな。西行は桜の咲くころ、つまりお釈迦さんが亡くなったのと同じときに逝くことを望んでんだもんな」

 

A「それで、結果はどうだったの?」

B「ああ、驚いたことに、西行が亡くなったのは1190年2月16日なんだってさ。釈迦が亡くなった15日と、いちにち違い!」

 

A・C「へぇぇぇ~~~~~・・・・」

 

       裸にはまだ衣更着の嵐かな(芭蕉

三の花(みつのはな)と 六の花(むつのはな)

 大学生の2月。

ちらちらと雪がふっている。

部屋でこたつに入りながら、ふっと中学生のときの国語の授業を思い出した。

 

先生が笑いながら、

冬の花に『むつのはな』(六の花)と『みつのはな』(三の花)があるのを知ってるか?」と尋ねる。

みんなが、怪訝な顔をしているなかで、終了のベルが鳴ってその話しはおわりとなった。

先生にすれば、おまけの余談だったのであろう、それきりである。

 

 三の花とは霜のことであり、六の花とは雪のことをいう。

大学生になって、天気予報であったか、なにかテレビの番組で、このふたつの花について解説されていた。

 

 1486年に成立した紀行文『廻国雑記』のなかにも

 

  「おしなべて草木にかはる色もなし誰かは むつのはなとはみるらん」

                           とうたわれている。

由来は雪の結晶が六角形であるからとのこと。

 

 さらに、三の花は、雪が六つというなら、霜は三つとしようというシャレであるとか、あるいは、霜は土の水が凍って生まれるので『みずのはな』から転用したとか。

 

さらに霜だけではなく、歌舞伎などの舞台で降らす雪が、紙を三角に切って降らせるので、この雪を三の花と呼んだりするそうである。

 

この日、ついたち、三つと六つとの花盛りであった。

 

     雪ちらちら 一天に雲 なかりけり(一茶)

旧正月

 ジャア~ァァァン・・・・・・

 ドラや太鼓のおとがひびいている。

龍が舞って通りを練り踊っている。

中華街の春節

 

 日本でいえば、旧正月である。

わたしが小さいころには農家などで、まだ旧正月のお祝い風景が残っていた。

それほど、はなやかなものではない。

 

 ただ、そのときには、村中総出で臼でおもちをついて、正月を祝っていた。

やはり、縁起物のおもちは欠かせないたべものなのである。

こうしたシーンはNHKの映像などで見た記憶がある。

 

 一方、中華街の春節は、極彩色。

大学生のとき、これもテレビニュースで映し出されていた。

音曲の華やかさ、中華街のひとたちの衣服のキラキラ感、建物の装飾のあざやかさ。

 

 ウキウキするような、春の先取り・・・・

   あぁ、春・・・春なぁ・・・・ 

 明日の天気予報は曇りのちときどき雪・・・まだとおいなぁ・・・

 

     明日から2月かぁ・・・・

 

      春節の竜を遠くに見て帰る(谷川季誌子)

みそか正月

 1月31日のことを『みそか正月』と言うそうである。

正月の最後であり、地方によっては正月の祝いとは別に、このときにもお祝いをする風習もあるのだとか。

 

 高校三年になった冬、

母親が「あんた、進路どうするの?お父さんが心配してるんだから、ちゃんとお願いしときなさいよ」

「ううぅぅンンン・・・・」と生返事をしていた。

 

 おやじとは高校生にもなると、直接、話すことがなくなる。

やはり、煙たいものなのである。

おやじが家にかえってくると、そそくさと、自分の部屋へと籠ることが多くなった。

 

 1月の末に、久しぶりに朝5時に目が覚めたので、トイレにゆくついでにおやじの部屋を覗いてみると、ふとんに腹ばいになってたばこを吸っている。

声をかけて、ふすまを開けてなかにはいってゆくと。

 

わたしの顔を見て、ふとんをめくって「入れよと」と言うので、そのままふとんに潜り込んだ。

 

「大学・・・行きたいんだけどぉ」

「ああ・・・それで、どこへ行く気だ?」

「関西にある大学の・・・法学部へいきたぃ・・・」

「うん?法学部?やめとけよ。お前にゃあわん。法律なんか、ひとさまの争いに首をつっこんで、いやなことばかりだぞ」

「でも・・・法律関係の仕事につきたい・・・」

「そうか、経済にいって、銀行員になりゃいいのに・・・。ま、好きにしろ」

 

 最後には、納得してくれたようである。

あったかくなってきて、わたしはそのまま布団で眠ってしまい、8時ごろ母親に起こされて目がさめた。

 

 このとき、母親によると、おやじが

「『よしあき』は、もう、みそか正月だなぁ」と言って、仕事へ向かったそうである。

うん?どういう意味だろう・・・・?

 

      三寒の四温を待てる机かな(石川桂郎

五つ子

 昭和51年1月にテレビ各局で、鹿児島で5つ子が生まれたという、

明るいビッグニュースが流れた。

 

家で母親とテレビニュースをみていたときのはなし。

母「えらいねぇ、ひとりでも大変なのにぃ・・・」

私「そうなのか?」

 

母「そらそうよ。考えて見なさい。子供を育てるっていうのは、大変なのよ。あんたみたいなわがままに育ったら困るでしょうが」

何いってんだよぅ・・・・(心のなかで)

 

母「ウチでも子供3人でしょ。みんな別々に生まれて育ってきたから、なんとかなったけど」

私「ああ・・・」

 

母「ウチは一番上が女で育てやすかったけど、男よりちょっと費用がかさむのよ。二番目はおとこだから、どこで病気になったり、けがをするかわからない。三番目はワガママ気ママのこれだもんね」

と、わたしを指さす。

 

もおぉぉぉ・・・・・

 

      還暦の今も末っ子墓洗ふ(白石多重子)

コンコルド

  ♬ 光る海 光るおおぞら 光る大地 ゆこう 無限の 地平線

                  走れエイトマン 弾丸よりも早く・・・・♪

                      (作詞:前田武彦 作曲:萩原鉄晶)

 

 子供の頃、ワクワクしながら見た漫画エイトマンの主題歌である。

ああ、ピストルの弾より早く走るんだぁというスピード感。

 

その後、マッハという音速のはなしを聞くのは、これまた、テレビ漫画の「スーパージェッター」

   

  ♬みらいの国から やってきた 知恵と力と勇気の子・・・

        ・・・・走れ流星 まっしぐら  

                  マッハじゅうごの スピードさ~ぁ~・・・♪

                      (作詞:加藤一朗 作曲:山下毅雄

 

 こうした、子ども時代のヒーローのはなしを、昭和51年1月末に悪友仲間としているとき、

 

A「マッハで思いだした。アメリカでコンコルドが就航したってなぁ」

B「コンコルドって、フランスとイギリスが共同開発した超音速航空旅客機か?」

 

A「ああ、テレビニュースでやってたぜ」

C「コンコルドって、マッハ2が出るんだろ?」

 

A「そうらしいなぁ。ロンドンからニューヨークまで3時間くらいで行くんだって」

C「え?普通の航空機ならどれくらい時間がかかるの?」

 

A「えぇっと、ボーイング747が4時間56分で飛んだっていう記録があるんだってさ」

B「おおぉ、すごい。2時間ほども時間短縮するのかぁ」

 

C「ところでさ、話しを戻して、エイトマン流星号と競争したら、どれがいちばんはやい?」

A・B「ばか」

 

        ジェット機に見えぬ阿修羅と初空飛ぶ(隈治人)