norimoyoshiakiの日記

大学時代のことを日記にしています。ご意見をお待ちしています。

ビリヤード

1時間目の民法の講義が終わって、つぎの講義までほぼ6時間も間が空くこともある。

つぎの講義が4時20分開始で、夕方まで待たねばならない。

 

 雨の日のこの合間はじつにやっかいで、昼ごはんにするには、早すぎるし、そうかといって運動場でからだを動かすわけにはゆかない。まさに、時間をもてあます。

 

 ある日、悪友たちと、どう過ごすかという話になって、

Kが「おい、ビリヤードにゆこう!」と言い出した。

わたしも、Hも、いやぁ、やったことがないからなぁと、ちゅうちょしていると、

「なんでも、けいけん!!おれもいままで2回しかやったことがないさ。なんとかなるだろう、いこうぜ」と。

 

 わたしとHは、Kにおそわりながら、やってみると、これがおもしろいものである。

もちろんゲームは本格的な3つ玉とか4つ玉といわれるものではない。

ボールについている番号順に玉を端のポケットにいれてゆく、「ローテーション」というゲームである。

角度を考えたり、どこにどれだけ白玉を当てるかなどなど・・・・うまい具合に玉が当たるとコーンという心地よい音がする。あっという間に時間が過ぎた。

 

 まあ、へたくそなわたしは、びりっけつではあったが、2時間ほどで決着がついた。

 最後に、勝利者Kいわく、

「では、俺が優勝だから、昼めしはふたりのおごりな!」

おいおい、きいてないぞ、そんなこと、先に言えよ。

 

        男には男の世界菖蒲の日(稲畑汀子