norimoyoshiakiの日記

大学時代のことを日記にしています。ご意見をお待ちしています。

ヌンチャク

 ウキャァアア~ァァウ~~

 

 気合をいれた闘争心からの叫びだそうである。

ブルースリーが構えたときに、この声を発する。

 

 昭和48年にブルースリー主演「燃えよドラゴン」が大ヒットした。

夏に大阪市内でのロードショウが始まり、冬の映画館でもこの映画が上映されていて、ロングランの大ヒットである。

 

 大学でも、よくこの話しが出て、人気の高さがよくわかるものであった。

さらに、あちこちで、リーが映画の中でつかっていた木のこん棒を鎖でつないだ、小さな攻撃道具としてのヌンチャクが、あちこちで広がり、この道具を利用しての格闘技のマネをする人間があらわれた。

 

大学内ではそんな物を使って遊ぶ者はいなかったが、テレビなどで、格闘家と称するひとびとや、それをまねる若者などが見られ、

よく、

  「あぶないなぁ。あれ凶器じゃないかぁ」

                    と言っていたものである。

 

 ある夜、中学時代の友人Yのところに行くと。庭に軽装のYがいる。ぶんぶんと音を立てて、空手のまねをしながら「うん、うん」と唸って木のヌンチャクを振り回している。

 

私「おい・・・Y。何してんの・・・・?」

Y「おう、のりも。運動さ」

私「運動ってお前・・・ヌンチャク振ってんだろぅ・・・」

Y「どうだぃ。ブルースリーに見えるだろぅ」

      

         ばか・・・・・

 

        すさまじき空手の気合眉涼し(河野静雲)