norimoyoshiakiの日記

大学時代のことを日記にしています。ご意見をお待ちしています。

梨園

 大学のたまり場で悪友たちと、秋の味覚について話している。

A「秋のたべものは、梨もあったなぁ」

B「ああ、『有の実』な

 

A「なんだよそれ?」

B「うん、平安の時代から、梨っていうのは『無し』に通じるから、ナシじゃなくて、『アリ』といって、縁起かつぎのためにそう言いかえたのさ」

A「まあ、わかったような、わからないような・・・・」

 

C「ところで、五代目中村勘九郎が女優の太地喜和子と、なにやらあったっていうニュースが、スポーツ新聞に書いてあったけど、あの中で書いてある、なしえん(梨園)ってどういう意味?」

 

B「あの場合は『りえん』って読むんだよ。昔、古典で習ったろう?」

C「そうだったかなぁ・・・」

 

B「唐の玄宗皇帝が音楽を愛好していて、その奨励のために、楽人の子弟を梨の植わった庭園に集めて、みずから教えたって。そこから、劇壇ぜんたいを指して梨園っていうのさ。日本じゃ主に、歌舞伎界をさすことになったっていうのは、有名じゃないか」

 

C「へええぇぇぇ。だけどまぁ、おれは『虚より実』だなぁ。二十世紀を齧ってるほうがいいや」

B「・・・・・・・」

 

        かたい梨子をかぢつて議論してゐる(尾崎放哉)