norimoyoshiakiの日記

大学時代のことを日記にしています。ご意見をお待ちしています。

秋山

   秋山明淨而如粧

   シュウザン メイジョウニシテ ヨソオウガ ゴトシ

 

 天気予報の解説で四季の山を形容するのに、どのように表現するかという解説がなされていた。

秋は『山粧う』だそうである。

 

 広辞苑によると、山粧うとは

 「晩秋の澄んだ空気のなかで、紅葉が彩られているさまをいう」

                            と記載する。

 

 由来は中国南宋の画家・郭煕のことばで、一種の詩ではないかといわれている。

 

 俳句でも季語となっていて、四季を区別するのにとてもよい発句になるのであろう。

 

 わが大学も、少し小高い丘の上にあり、11月も末になると、ポプラやイチョウが黄色に染まって、一面の黄色の落ち葉道ができたことを覚えている。

 

 坂道だと、ちょっと、すべりそうになるのですが・・・

              落ち切った向こうは冬になるようです・・・・

 

         山粧ふ日毎峰より袈裟がけに(井口天心)