norimoyoshiakiの日記

大学時代のことを日記にしています。ご意見をお待ちしています。

広島近鉄日本シリーズ

 昭和54年11月4日、日曜日の夕方、広島東洋カープ江夏豊投手がカーブを投げた。

そのとき、三塁ランナーがホームでタッチアウトとなり、勝負のゆくえが決まった。

 

 この試合で広島が近鉄に4対3で勝利し、4勝3敗のフルセットの末、日本一になったのである。

近鉄はまたしても、日本一に成れないのであった。

 

 この次の年始に、われわれゼミ同期生は、恒例の同窓会をひらいたが、このとき、近鉄バッファローズの関連会社に勤めていたヒラオカは、盛んに悔しがっていた。

 

ヒ「くそぅ、あのとき、三塁ランナーが飛び出さなきゃ、勝ってたのにぃ」

根っからの近鉄ファンである。酒の勢いもあって、みんなで言い合っている。

 

A「そんなの、分かるもんか。たとえ、飛び出さなかったとしても、まだ、次のバッターにヒットがでなかったかもしれないだろ。実際に、あのときも、次のバッターの大石が三振したじゃないか」

 

ヒ「いやぁ、あそこで、もし、三塁ランナーが残っていたら、江夏が交代になって、江夏よりスピードのないピッチャーが出るからさぁ。大石がヒットを打つ可能性が高いんだよ!絶対!!」

 

B「おいそれ、もしもバナシだろ。勝負にタラレバは、ないぜ」

ヒ「くそおぉぉぉ・・・・・」と、ビールをあおってました。

 

      秋耕やプロ野球何時終りしか(稲畑廣太郎)