norimoyoshiakiの日記

大学時代のことを日記にしています。ご意見をお待ちしています。

栗ごはん

またまた、悪友たちとのはなし。

B「さんまの他に、秋の味覚ってなにかなぁ」

A「そりゃまぁ、いろいろあるけど、栗かなぁ」

B「あ、俺、栗ごはん大好き。ほくほくしてたまんないよなぁ」

A「木の実は昔からごちそうだもんな」

B「そうだっけ?」

 

A「何いってんだよ。日本史なんかで習っただろう。原始社会の集落で、発掘調査をすると、原始人の食べたものの中に、貝、魚、木の実といったもののゴミが多くあるって」

B「そうか。だけど、栗だと、量が足りないんじゃないのか?」

 

A「そりゃそうさ。だから、木の実もいろいろなものがあって、『どんぐり』や『とちの実』なんかも食用にされていたって言われてるよ」

B「え、どんぐりって、あのどんぐり?」

A「ああ」

 

B「あんなの、小さい実だし、硬くて苦くて食べれないじゃないか」

A「そのままならな。だけど、よく煮てあくを採れば、食べれなくもないんだってさ」

 

B「とちの実って?」

A「知らないのか?栗によく似た実ではあるけど、これもあくが強くて強くて、そのままじゃあ食べられない実だよ。昔は、主食がわりになったんだってよ。いまじゃあ、『栃もち』とか『栃せんべい』なんかにして、売られているよ」

 

B「ああぁ。あれかぁ。だけどまあ、原始人じゃなくてよかった。今じゃあ、簡単に栗ご飯で食べられるんだから」

A「まてまて、栗ご飯にするのだって、包丁で皮をむかなきゃならないんだから。あれ、大変なんだぞ」

 

B「だって、わが家では『僕たべるひと、母つくるひと』だもん」

A「ばか!!そのCMフレーズ、最近では禁止だぞ。意識の高い女子に聞かれたらどうすんだ」

B「ごめん・・・・」

 

     よくぞ身を鎧ふものよと栗を剥く(堀前小木菟)