norimoyoshiakiの日記

大学時代のことを日記にしています。ご意見をお待ちしています。

あさがお

 小中高校生が夏休みに入った。7月の終わりである。

にわかに、街中がにぎやかになる。アルバイトで電車に乗る道すがら、市場、食べ物屋、どこに行っても、こどもの姿を多く見かけるようになった。

 

あるとき、小学校生がはなしをしている。

「あさがおの観察どうしてる?」

「うん、花は咲くんだけど、おそくまで寝てると、しぼんじゃうんだ」

「そりゃそうよ。せっかく、花が咲くまで大きくしたのに、なんにもならないじゃない」

男の子が、同じ歳くらいの女の子に責められている。ちょっと自分を見るようでかわいそうであった。

 

わたしもよく、朝起きたら、花がしぼんでいることが多かったからである。

こころのなかで、おもわず、「がんばれ!!」

あさがおは、双葉の草木であるそうな。

 

栴檀(せんだん)は双葉より芳し」という。

君も、あさがおという双葉からの草木を育てているんだから、大物になるかもしれないぞ!

 

     栴檀の花散るや桶の心太(寺田寅彦